光脱毛 しくみ

光脱毛にはなぜ脱毛効果があるのか?

 

光脱毛は肌に密着させたランプからの強い照射によってムダ毛が生えてこなくなるという画期的な脱毛方法です。

 

ただ単に皮膚に光を当てたとしても、その表面がせいぜいほんのりと温かい感じがするだけで何の変化も起こらないのが普通です。

 

ではなぜ脱毛器から出ている光には脱毛効果があるのでしょうか?

 

 

もともと光というものには波長があります。

 

その中で黒い色にだけ反応する光を抽出して肌に当てているのがレーザーや光脱毛の方式です。

 

 

ほくろなどの特別な部分を除けば、お肌の表面で黒い色をしている部分はメラニン色素を含んだムダ毛の生えている毛穴のみですから光のパワーはその部分だけを目指して進んでいきます。

 

するとその光は熱を生み出しますが、毛穴の中にあるムダ毛をとおして、表面よりも深い部分にある毛根まで熱が伝わります。

 

毛根部には毛を作り出している組織である毛母細胞が存在していますが、高温の作用によってこのタンパク質が変質して破壊されてるために、その後は新しく毛を生やすことができなくなるのです。

 

1回の照射で毛母細胞が完全に破壊されてしまうわけではないため、毛周期ごとに何度か繰り返す必要はあるものの、しっかりしていた毛質がうぶ毛のようになり、やがては生えてこなくなるのが光による脱毛のしくみです。

 

 

レーザー脱毛も原理としてはまったく同じなのですが、出力が強い反面、1回あたりの照射面積がせまいという特徴があります。

 

そしてパワーがある分、熱も大きく発生しそれが強い痛みとして刺激を生んでしまいます。

 

これが場合によっては施術後の火傷や肌荒れといった肌トラブルが生じさせるケースあるので、病院選びは信頼のおけるところをしっかりと見極めなければなりません。

 

光脱毛は痛みがないので施術時のストレスとは無縁です。

 

全身の施術を受ける人の中には気持ちよさで眠ってしまうようなケースもあるほど。

 

 

せっかくお肌のお手入れをするのですから気持ちよくトリートメントを受けたいものですよね。

 

光脱毛はレーザーに対して効果が弱いという弱点を補うために、よく毛効果の高い成分を配合したジェルを塗布するなどの工夫を凝らしているサロンもあります。

 

この特殊なジェルは光を照射する際に毛穴に浸透してムダ毛の生えるスピードを制御してくれるため、たんなる光脱毛よりも効果を高めてくれているのです。

 

美肌効果を期待できるジェルを使用しているサロンも多いので、脱毛にプラスアルファでツルツルすべすべのお肌が手に入りますよ。