ニードル脱毛 光脱毛 違い

ニードル脱毛って料金が高くて痛いだけ?

 

昨今サロンや医療機関で行われているおこなわれている脱毛方法で主流になっているのはフラッシュやレーザーを利用した光式ですね。

 

どちらの脱毛方法も黒い色に反応する光線を当てることで熱作用によって毛根にある毛母細胞にダメージを与えています。

 

てこういった脱毛方法が登場するまで、脱毛といえば毛穴一本ずつに針を刺して電気を流して毛根を破壊するニードル方式がとられていました。

 

 

この脱毛方法では毛穴に差し込んだ細いハリを通じて高周波や電流を流すのですが、その際にかなり痛みを伴う施術でした。

 

永久脱毛の効果が期待できるものの一本ずつの処理には時間もかかり、全身脱毛するには長い期間通わなくてはならないため費用も高額になる傾向でした。

 

ですので腋だけなどの部分的な処理ならともかくも、広範囲の脱毛には向かないというデメリットが大きい方法だったのです。

 

 

またこの脱毛するのにはある程度のムダ毛の長さが必要なこともあり、施術前に伸ばしておく必要もありました。

 

ミニスカートにナマ足

秋冬といった長袖シーズンならそれほど問題ではありませんが、ノースリーブを着たい時期にムダ毛を生やしておかなければならないのは難しい面も。

 

 

その後、レーザー機器が脱毛に利用できるようになって行くのですが、初めのうちは出力が強すぎて皮膚にやけどを負うなどの事故があとを立ちませんでした。

 

またレーザーを扱うには専門の知識も必要なため、医療機関でしかこの方式の脱毛をおこなうことは認められていません。

 

 

 

レーザーや光脱毛では広い範囲を短い時間で処理することが可能ですから全身脱毛をする場合でも気軽にエステにいけるようになってきました。

 

施術時間が短くなればお手入れされるわたしたちも楽ですし、通う回数が減ることで料金面でも誰でも受けてみようと思える金額にまで下がってきています。

 

 

とはいえ電気式の脱毛は、レーザーなどの光照射ができない部分や毛の生えている向きがバラバラで効果が出にくいヒゲなどを脱毛するのには最適な方法であることに間違いはありません。

 

女性の場合でも口周りや眉毛の脱毛はニードルでおこなう方がおすすめです。
(というよりも、眉毛の脱毛は光脱毛ではできません)

 

ニードル脱毛というと高額な費用がかかるイメージですが、適材適所といった感じで使い分けてみてはいかがでしょう。