脱毛 妊娠中

妊娠中に脱毛できない理由ってなに?

 

脱毛サロンに通いたいけれど、ムダ毛が目立たなくなるまでには1〜2年とか、ツルツルになるまでに2〜3年とか言う話を良く聞きますよね。

 

 

今現在すでに結婚している方の場合など、もしこの先、妊娠したらどうなんだろう?と悩んでいる人もいると思います。

 

 

どこのエステサロンでも妊娠中の脱毛はNGになっているのが普通です。

 

 

ではなぜ妊娠中だと脱毛できなくなってしまうのでしょうか?

 

 

これはレーザー光やニードルに使用される電気処理そのものが、お腹の赤ちゃんにとって何か悪影響があるということではありません。

 

 

 

ところが母体であるあなたの方はずっと同じではありません。

 

妊娠中にはホルモンバランスが大きく変化しますので毛周期が急に短くなったり、あるいは長くなったりと、通常とは変わってしまうことが多いのです。

 

 

そのためせっかく光をあてて脱毛の施術を受けたとしても、正しい効果が得られているかが計りかねる状況なのです。

 

 

しかも妊娠中には毛質が太くなってきたり、以前は生えていなかった部分の体毛が濃くなるなど状況も異なってきます。

 

 

そして出産後にホルモンバランスが落ち着くまでムダ毛の毛周期も安定しにくいことが想定されます。

 

これでは施術自体がムダになっている可能性すら考えられますね。

 

 

 

また脱毛方式全般に言えることですが、痛みを伴うケースがどうしても避けられません。

 

その施術時の痛みが母胎にとってストレスを与えることになりかねませんし、妊娠中は精神状態も不安定なものですから、もしそれが何らかの体調不良などの引き金になってしまうことも否定できないのです。

 

 

しかも、リスクがどのような形で出るか分からない以上、何人もの妊婦さんに光脱毛やレーザー脱毛のお手入れをして感想を聞いたりなどのようにして詳しくデータを集めるわけにもいきません。

 

 

「何が起きるか分からない」、これこそが妊娠中の施術をNGと決めている最大の要因でもあるのです。