光脱毛 メリットデメリット

光脱毛の利点とは?

 

フラッシュの照射による光脱毛は、従来のニードル方式に比べて痛みが少なく、その脱毛専用サロンもあっという間に広がっていますね。

 

光脱毛という脱毛方法は1度に広い面積の毛穴を処理できるため、時間がかからず手軽に受けられることも大きなメリットです。

 

その上昔から行われて、ずっと長い間主流であったニードル方式の脱毛ではエステティシャンの技術によって差が生じやすいなどのデメリットもあり、効果にばらつきがあることが不満にもなっていたようです。

 

 

 

光脱毛では、黒い色に反応する特定レベルの光を肌に照射することで毛母細胞にダメージを与えています。

 

毛根部のもつメラニン色素に対して熱エネルギーを伝えることにより育毛をコントロールしている毛母細胞を破壊するというしくみなのです。

 

 

フラッシュの大まかな原理はレーザーとほぼ同じですが、その出力パワーが弱く設定されています。

 

そのため1回の照射で破壊しきることは難しいのですが、毛周期ごとに施術を繰り返すことで、ムダ毛の生えにくい肌質に変えていくことが可能となります。

 

 

光脱毛がおすすめしにくいダメな部位ってどこ?

 

しかしながらフラッシュタイプの脱毛では苦手とするムダ毛も存在します。

 

 

顔脱毛

その最たるムダ毛は「うぶ毛」です。

 

産毛とは体全体や顔に見られる細くて色素の薄い体毛のことですが、これに関してはメラニン不足により、光がこれらを認識できないという状態が生じてしまいます。

 

 

ちなみにミュゼプラチナムで採用している施術は光脱毛の方式に独自の手法をプラスしたS.S.C脱毛と呼ばれるものです。

 

 

抑毛効果の高い成分を配合したジェルを塗り込んで照射することで、毛穴からは成分を浸透させ、ライトの効果で毛根に熱を伝えて脱毛効果を促進させていくという手法です。

 

 

これはメラニン色素に左右されにくい施術法ですから、うぶ毛を処理したい場合にも抑毛ジェルの効果が毛穴ごとにまんべんなく作用してくれます。

 

また、肌に黒ずみがある場合などでも、その部分皮膚の色の影響を受けにくいため脱毛効果がきちんと働くようになっているのです。