レーザー脱毛 フラッシュ脱毛 違い

レーザー脱毛とフラッシュ(光)脱毛って別モノなの?

 

tbcポスター

エステサロンなどに行ってお金払ってやってもらうタイプの脱毛がどれでも同じレーザー脱毛だという風に考えていませんか?

 

レーザーでもフラッシュでも特定の光を使って毛根を処理することに違いはありませんが、その効果にはそれぞれで差があるのです。

 

光には波長というものがあるのですが、その波長によって肌に吸収される色に差をつけることが可能です。

 

脱毛の場合毛の持つメラニン色素を利用して、黒い色だけに反応する光線を照射させることで毛母細胞を熱処理しているのです。

 

細胞組織のタンパク質は40℃以上の熱が加わることにより変性してしまうので、新しく体毛を生やす力が失われるのです。

 

レーザーは多くの光エネルギーを一点に集中させることでそのパワーを増幅させています。(虫眼鏡で太陽光を集めて黒い紙の上に光を集めて燃やす実験を小学生の頃にやりましたよね?)

 

このため1回の照射では狭い範囲しか処理できないのがレーザーの弱点。

 

広い面積をお手入れするには何度も何度も照射を繰り返さなくてはならず、トリートメントに時間がかかりやすいのがそのデメリットになっています。

 

 

また、レーザー脱毛は永久脱毛として有名になっている方法であると思われている方は多いと思います。

 

でも本来の意味で「永久」というのは毛母細胞が完全に破壊された状態を指しますので、ニードル(電気針)での1本1本の処理が必要です。

 

 

フラッシュ脱毛はレーザーほどの効果が出ないのか

 

一口に光脱毛といっても、それぞれのエステサロンで採用している方式に違いがあります。

 

インテンス・パルス・ライトと呼ばれる光線を利用したIPL脱毛、フラッシュ光線を利用したフラッシュ脱毛、そしてキセノンフラッシュ光線を利用したプラズマ脱毛など使用機器の種類で区別されます。

 

いずれの方式にも長所があり、医療レーザーと同様にお肌に光を照射して毛穴の奥にあるムダ毛を生やすメカニズム中枢の毛根を破壊させるのがそのしくみです。

 

レーザーよりも弱い出力で光を照射させているため毛根への影響も小さく、一気に破壊させるには至りません。そのかわり痛みが少なく、登場した頃のレーザー脱毛器によるヤケドなどの肌トラブルはほぼ起きません。

 

ムダ毛が無くなるスピードだけに注目すればレーザー脱毛の効果のほうが高いといえますが、費用や通いやすさ、そして痛みについてなど総合的な判断が必要です。

 

 

または脱毛したい部位や毛質によって脱毛方式を変えたりするのも選択肢の一つになるでしょう。